品川区・中延にある徳丸クリニックでは、整形外科・皮膚科・リウマチ科・小児科などを行っております。

サイトマップ

整形外科・リウマチ科

整形外科について

整形外科では、骨・関節・筋肉・靱帯・腱・脊髄・神経の病気、外傷(ケガ)による損傷、手足などの先天性疾患(生まれつきの奇形など)を治療します。

整形外科では、単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能をできるだけ元に回復させることを目的とします。また、運動機能の障害だけでなく、痛みを主とする疾患(俗に神経痛・リウマチなど)の治療も行ないます。

首・肩・腕・肘・手・腰・膝などの痛み、肩こり、五十肩、首こり、そして外傷やススポーツ障害など、痛みやしびれ、こり、その他の違和感でお困りの方はどうぞご相談ください。

リウマチ科

リウマチ科について

リウマチ・関節リウマチとは?

リウマチ科

関節や関節の周囲の骨、腱、筋肉などに痛みが起きる病気をまとめてリウマチ性疾患と呼びます。このうち、関節に炎症が続き、関節が徐々に破壊され、やがて機能障害を起こす病気を「関節リウマチ」といいます。

関節リウマチの患者さんは現在日本に70~100万人、お年寄りの病気と思われがちですが、発症ピークは30~40歳代の女性に多いです。女性に多い理由は、はっきりしたことはまだわかっていません。

関節リウマチの症状

関節リウマチの初期にあらわれる症状には、次のようなものがあります。

リウマチの明確な原因は分かっておりませんが、遺伝もしくは、自己免疫機能の異常などといわれています。

「リウマチかなぁ」と感じたら。早期発見の重要性!

リウマチは、他の人にはなかなか理解してもらえない病気です。30~40歳代の女性に発病が多く、家事や仕事に多忙な年代のため、患者さんの悩みも大きいのが現状です。

リウマチは進行すると、手の指や足の指の関節に関節リウマチ特有の変形が起こり、どんどん関節が動かしにくくなり、日常生活にも支障が出てきます。一人で悩まず、お気軽にご相談下さい。あなたの症状を話して頂くだけで構いません。

生物学的製剤

当院では、生物製剤(生物学的製剤)による新しい治療も積極的に取り入れています。生物学的製剤とは、最新のバイオテクノロジー技術を駆使して開発された新しい薬で、生物が産生した蛋白質を利用して作られています。

関節リウマチの炎症や痛み・腫れ、そして骨や軟骨などの関節破壊を引き起こす原因となる物質を抑えることにより、その効果を発揮します。リウマチ治療は年々進化しておりますので、大きく変わってきています。早期発見のために、まずはお気軽にご相談下さい。

ご予約は03-5749-7090 9:00-13:00 16:00-19:00

品川区、中延駅から徒歩約3分の徳丸クリニックでは、整形外科・皮膚科・リウマチ科・リハビリテーション科内科・小児科・形成外科の治療を行っております。